ホテルや自宅で遊ぶ!呼べる風俗がアツイ

※当サイトは風俗情報を掲載しています。18歳未満の方はこちらより【ご退出】下さい。

今や風俗で遊ぶ、と言えばお店に足を運んで遊ぶ風俗よりも、ラブホテルや自宅に呼べる風俗で遊ぶ男性が増えてきています。

店舗型の風俗店と比べると、男性スタッフと会わずに二人きりで遊べることや風俗街まで行かなくていいことなどのメリットがあります。ホテルや自宅なら、女の子とプライベートな気分を味わえるのも派遣型風俗の人気の理由ですね。

ホテルDE風俗まにあはそんな、ホテルや自宅に呼べる風俗の「種類」、初めてでも安心の「呼び方」、呼べる風俗の「料金・相場」、ホテルや自宅での「遊び方・流れ」の全てをまとめた派遣型風俗マニュアルです。

下のボタンから知りたいカテゴリーを選んでくださいね!

お酒を飲んでるお客さんって嬢からどう思われる?

お酒を飲んでるお客さんって嬢からどう思われる?

風俗を利用する男性の中には、お酒を飲んだ後に利用する人もいます。酔った勢いで利用したり、飲んでムラムラして利用したりと、意外にお酒を飲んだ状態で利用するお客さんは多いです。

確かに、アルコールが入るとエッチなことをしたくなる気持ちは理解できます。しかし、風俗は相手があってのものなので、相手の嬢がどう思っているか気になる人も多いと思います。

この酔った状態での利用は、嬢からどう思われるのでしょうか。この記事では、そんなお酒を飲んだ後に風俗を利用する際の注意点や、「嬢はお酒を飲んでいるお客さんをどう思っているのか?」という部分を紹介していきたいと思います。


酔っているお客さんは嬢からはあまり良く思われない

結論から言うと、嬢としては酔っているお客さんに対して、あまりいい印象を持っていません。やはり、お酒が入るとトラブルを起こしやすくなり、二人っきりになって接客をする風俗嬢としては怖さを感じることが多いようです。

特に怖いのが暴力。アルコールが入ることで暴力的になる男性もいて、このようなお客さんは迷惑客としてお店から出禁を言い渡されることもあります。トラブルを起こさないとしても、「お酒が入った状態ではイケない」というお客さんもいて、そうなると最後の最後までプレイを続けなければならず、嬢にかかる負担は大きくなってしまうでしょう。

さらに、問題になるのが匂いです。風俗では密着をしたりキスをしたりします。このときに相手がお酒臭かったら、それだけで嬢は不快に感じてしまうもの。このようなこともあり、「酔ったお客さんを相手にするのは嫌だ」という嬢は多いです。
記事の続きをよむ▼

受け身すぎるお客さんは嬢から良く思われない

受け身すぎるお客さんは嬢から良く思われない

風俗を利用するお客さんの中には、さまざまなタイプの男性がいます。ムラムラして嬢にがっつくタイプ、緊張して縮こまってしまうタイプ、紳士的な対応をしてくれるタイプなど、いろんな人が風俗を利用しているのです。

その中でも比較的多いのが、受け身すぎるタイプの男性。「自分は布団の上に寝転ぶだけで、プレイに関しては全て嬢に任せる」というタイプの男性はたくさんいます。どちらかというと、Mな男性に多いタイプですが、この手のお客さんは嬢からするとあまり喜ばしい相手ではありません。

禁止事項などお構いなしにがっついてくるお客さんもどうかと思いますが、この手の受け身すぎるタイプもどちらかと言えば、煙たがられるタイプの男性なのです。では、なぜ受け身すぎる男性は嬢から嫌がられるのでしょうか。


嬢にかかる負担が大きくなる

まず、このようなタイプの男性とのプレイは、嬢にかかる負担が大きくなります。普通のお客さんなら、お互いが触ったり舐めたりしながらプレイが進められますが、受け身すぎる男性の場合は嬢のみが触ったり舐めたりしてプレイを進めていきます。そうなると、嬢も疲れてしまうでしょう。

また、あまりにも受け身すぎる場合は、プレイ中に一言も発さないで、ただ受け身の状態が続いていきます。体を舐めていてもお客さんは何も反応をしてくれず、嬢の舐める音だけが部屋に響き渡るという少しばかり異質な空気が流れるのです。

シーンとする寂しさもありますし、何も発さない男性に対してある種の不気味さを感じる嬢もいます。
記事の続きをよむ▼

風俗でチェンジをするときのマナー

風俗でチェンジをするときのマナー

風俗にはチェンジ制度というものがあります。フリーで利用したときに、相手の嬢が気に入らなければ違う嬢に変更してもらえるという制度で、全てのお店ではありませんがこの制度を採用しているお店は多いです。

この制度自体は、お客さんとしてはありがたいものですが、やり方によっては相手の嬢を深く傷つけてしまうことにもなりかねません。チェンジは嬢に直接伝えるものなので、その伝え方が大事になってきます。この記事では、風俗でチェンジをするときのマナーについて解説していきます。


チェンジは丁寧に伝えよう

フリーでお店を利用した際に、その嬢と対面する瞬間というのはドキドキするものです。「どんな子が来るかな?」と期待に胸を膨らませながら、嬢の到着を待つ人も多いと思います。しかし、指名をしていないので好みではない子が来てしまうことがフリーではあります。このとき、「この子では無理だ」と思ったときは、チェンジをして嬢を代えてもらうことが可能です。

しかし、このチェンジの伝え方には必ず気を使わなければなりません。出会ってすぐに不機嫌そうに「チェンジで」という言い方では、嬢の心に傷をつけてしまいます。言いづらいことを伝えることになるので、相手の気持ちを考えて丁寧に伝えなければなりません。「申し訳ないんだけど、こっちがイメージしてたタイプの女の子じゃない感じだから、別の女の子呼んでもらっていいかな?ごめんね!」というように、「こちら側の問題で代えてもらう」という言い方をするようにしましょう。

「その嬢には非がない」というニュアンスの断り方をするのがベストです。決して「太ってるから」「君じゃ勃たないから」などという断り方はしないようにして下さい。
記事の続きをよむ▼

オプションプレイでいつもと違う興奮を

オプションプレイでいつもと違う興奮を

風俗を利用している男性客の皆さん、プレイに対して飽きを感じていませんか。最初の頃のような興奮を味わえず、マンネリ気味になっている方も多いのではないでしょうか。
こんな人におすすめしたいのが、オプションです。まだ利用したことがないなら、是非取り入れることをおすすめします。また、お気に入りの嬢と遊ぶときに利用してあげることで、良客だと認知してもらえる可能性が高まります。

この記事では、そんなオプションについての解説をしていくので、「風俗に飽きている」「新しい刺激が欲しい」という人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。


風俗のオプションとは?

風俗では基本プレイとしてできることが決められています。この基本プレイ以外のことをしたいのなら、追加料金を支払って遊ばなければなりません。
お店によって用意されているオプションは様々で、どういうものが用意されているかはホームページをチェックすれば把握できます。「オプションを付けて楽しみたい」という人は、お店を利用する前にホームページをチェックするようにしましょう。
記事の続きをよむ▼

嬢のプライベートには触れないようにする

嬢のプライベートには触れないようにする

風俗で働く女性は、ほぼ全員プライベートを隠しながら働いています。本名でこの仕事をしている人はおらず、偽名を使ったり年齢を偽ったりして、バレないように働いているのです。

しかし、お客さんの中には、このことを理解せずに私生活の話題を出したり質問をするような人もいます。これは迷惑行為の一つです。あまりにもしつこいと、もうそのお店を利用できなくなることもあります。

こういう仕事だからこそ、このプライベートな部分には触れないようにするのがお客さん側のマナーです。気になるからといって、ズケズケとプライベートな部分に踏み込むのはやめるようにして下さい。


嬢のプライベートは確かに気になるもの

普段はどういう子なんだろう」「昼間はどういう仕事をしているのかな?」という嬢のプライベートな部分は、確かに気になる部分でもあります。お気に入りの嬢であればあるほど、普段の生活が気になるものです。

しかし、気になったとしてもそこはぐっとこらえるようにしましょう。気になるからといって、何も考えないで私生活についての質問をしてしまうと、相手に嫌がられることもあります。あまりにもしつこくプライベートの話を聞き出そうとすると、そのお店から出禁を言い渡されることもあるでしょう。

プライベートの話が気になったとしても、そこは大人の対応をするようにして下さい。
記事の続きをよむ▼

デリヘルを安心して呼べるホテルを探したいなら

ホテルを予約したら派遣NGのホテルだった!なんて失敗をしたことがある貴方に朗報!「デリヘルが呼べるホテル」でなら呼べるか呼べないか簡単に調べられちゃう!

デリヘル嬢がフロントで止められないホテル知りたいなら!↓

エステドゥロア