早朝・深夜でも風俗嬢は呼べるの?

派遣型風俗は早朝でも呼べる?遊べる?

ホテルや自宅に呼べる派遣型風俗は、ソープランドやピンサロのような店舗型風俗よりも時間的な自由が利きます。では早朝の時間帯はどうかというと、全業種でというわけにはいきませんが、早朝でも遊べる店は多いです。

まず風俗業界における早朝は何時なのか?ですが、細かい解釈は店によって様々ですが基本的に朝6~8時と言われています。この時間は残念ながら多くの派遣型風俗店は閉まっていますが、24時間営業の店を選べば呼ぶことができます。

また派遣型風俗は深夜12時を越えて3時や5時まで営業しているところが多いため、3時は深夜ですが5時を早朝と言っていいなら早朝に遊べる店はグンと増えます。

特に24時間営業や5時まで営業が多いのはデリヘルです。店の数が多いのでその分早朝営業店も多いのです。結論として、全ての店で早朝呼べるわけでもないが、呼べる店は探せばあるといった感じです。

早朝風俗のメリット・デメリット

仕事の前、休日遊びに行く前に、夜勤明けに一発と色々と使い勝手がある早朝風俗ですが、カレンダー通りで朝から夕方・夜は仕事と一般的な生活をしている人にとっては5時~7時というのはなかなか選択肢に入らない時間帯ではないでしょうか。

そう、つまり早朝は店が開いていても実際に呼ぶ客は少なめなんです。客からすればそこが早朝風俗のメリットで、客が少ない時間帯は店側も利用客を呼び込みたいため、料金を安く設定しています。

同じコースでも朝~昼間と比べるとおよそ1,000~2,000円、賑わう夜と比べると2,000~3,000円安くなっていることが多いです。

また料金面だけでなく、女の子のその日の初めてになることができます。風俗嬢なので初めてもなにもありませんが(笑)綺麗なイメージがしてさわやかな気分で遊ぶことができます。

ただ、早朝はとにかく眠い!自分も風俗嬢も。そしてムラムラするかは微妙。多くの人にとっては、たまに気が向いたとき、の一つの選択肢程度かもしれません。

派遣型風俗は深夜でも呼べる?遊べる?

店舗で営業する店舗型風俗店は、深夜営業に弱いと言われています。これは法律や条例などで、店舗タイプの風俗店の営業は12時まで!と決められているからです。

一見そういった決まりを守らない業種に見えますが、守らないと営業停止などになるため案外ちゃんと守られている決まりです。夜12時を越えると一斉に店舗型が店じまいをするため、12時以降に風俗で遊ぶとなると必然的に派遣型風俗店を呼ぶことになります。

ちなみに12時以降何時まで呼べるのかというと、2時、3時、5時あたりが多いです。店によって閉店時間が違いますが、3時か5時までが一般的です。

ただし5時まで遊べると言っても5時に営業終了なので、最低1時間半前までには予約を終わらせ、1時間前には遊び始めるくらいの余裕は必要です。

深夜風俗のメリット・デメリット

仕事が午前様になってしまった、寝る前に癒されたいなど風俗の夜需要は高めで、早朝風俗より利用客は断然多くなります。

レストランやタクシーなどは遅い時間になると深夜料金で割増になってしまうこともありますが、そもそも派遣型風俗店は通常の営業自体が遅くまでやっているというだけなので、特別高いということはありません。

深夜風俗のメリットは、アパレルや美容師などのオシャレで可愛い子が働く時間帯だという点です。俗にいう昼職というやつですが、風俗だけに染まっていない街中を歩いているような子に当たる確率がとても高くなります。

ただし、深夜はホテルは大丈夫ですが自宅に呼ぶと近所迷惑になる可能性が。十分に音や声には気を付けて遊びましょう。

総額が一番安い風俗はどれ?

風俗の中で一番安く遊べるお得なジャンルは『風俗エステ』!実際どれくらいお財布にあれば遊べるのかチェックしてみましょう。

こんな料金で可愛いエステ嬢と・・・?↓

エステドゥロア